日本語ブログ, 未分類

もう、思い出に浸っている(笑

なんと、昨日突然政府から鍼灸院の再開OKの連絡が来ました。

そのうち来るだろうとは思っていたけど、6月下旬かなーと想像していたもので、思わず目が点。。。


まだ、現実に戻るには時間がかかりそうです(私は



5月の特に下旬は、オンラインの講習会であれやこれやと詰まっていました。
そうだ、私はこの5月で全て終了出来るように考えていたんだっけーと、思い出しました。

思い返せば3月中旬のお味噌の会を、パンデミックのお陰でキャンセルした所から始まり(実際にはキャンセルしてないけど

4月に無料どぶろくをしてからがらっ!と風が変わり、

そうだー!発酵やりたかったんだーという皆さんに会う機会に恵まれました。


StayHomeでずっと家にいて人に会わないようにしているのに、

こんなに人と喋りまくり、Facebookでコメントを返しまくった時期は、後にも先にもないでしょう(笑)


ここ2か月、本当に色々な事を考えさせられました。


鍼灸したいのに、なんでまだこんなに麹しているの?という自分の矛盾にまた向き合ったり(またか)、オンラインが実は自分に合っていたんだという事実に愕然としたり。(いまさらか)



この時期は確実に終わる。
今出来ることをやろう。


と、決めて進んで今に至りますが。




面白い事にですね。
私、月に1度のメルマガを出しているんですが
大抵来月分の予定を出さないとー!と、切羽詰まって書くケースばかりなのですが(なので大抵その月の末にその月のメルマガを出すというあほさ)

今回はふと書かないと!と思いつき、HPを更新し、眠くなりその夜は寝たりと数日かけて、やっと送ったのがちょうど昨日の午前中。

それから出かけようとした玄関先でメールチェックして、鍼灸復帰のメールを見たのです。 (で、まさかねーなんて思いながら外出。。笑



これ、見てたらメルマガ出さなかったかもしれないのに。

もう、みんなにやりますって送ってしまったじゃないか。

それを思いながら、ああ、ここでおしまい!には出来ない。私のこれからの通常生活にはやっぱりオンラインを取り入れていかなければならないという事なんだろうなぁーーなんて一人考えていました。





鍼灸の仕事していますというのを、今まで何だか表に出すのを控えていました。
でも、せっかくのこの2か月で培ってきたものがあり、

それを有効利用するためにも、もうそろそろ出していかなければならないんだと、この期間中ずっと思ってきてもいました。

これからはもっと、麹関連の事に絡めて鍼灸関連の事も表現していきたいと思います(と、宣言)←これでもすごい勇気 ←本当に出来るのか自分


でも、6月から~


5月一杯は、麹メインで頑張ります。って後数日だけど
最後にひと盛り上げさせて、この「特別期間」を終わらす!

今週土曜日には、菩提酛のメンバーでZoom飲み会~
そこで、スペシャルゲストを呼ぶ予定!!!
(糀の花で後で呼びかけるね)
翌日日曜日には、この春3回開催した味醂の皆さんを集めてZoomレクチャ~
こちらでも実はスペシャルゲストを呼ぶ予定なんですよ~。


みんな、喜んでくれるといいな~





いやあ、本当にこの2か月間楽しかった!
参加してくださった皆さん、本当に本当に

本当にありがとうございました。





なーんて言いながら、6月にも豆麹の会と赤味噌が待っている。
俄然やる気だし(爆
やっぱり麹とは切ろうと思っても切れる事の出来ない繋がりなんだよ。
ここからは私の「通常」
無理しないサイクルにするの。



そして、この活動は、将来私の鍼灸の活動に繋げる。
それがどんなものかというのを、少しずつ出していく!
まずは言葉で表現していく~~。


という事で、少しだけこちらで宣伝を。

持病をお持ちの方、パンデミック中ですっかり調子が悪くなった方、治療が必要な皆様。鍼灸に興味を持ってくださった方、私のお話を聞いてみたいという方(笑)

まずは現在の状態から把握していき、日常生活や現在のお体の様子から診断して治療します。
体の使い方、食生活の指導をし、体が自然に戻るという力を最大限に使えるように導きだす治療をし、普段の生活の中で皆さんが出来る事、すべきこと、すべきではないことをお伝えしながら進めていきます。

ただ治療を受けるだけではなく、皆さんにも理解、認識してもらい、良くなるように協力してもらわなければならない事が沢山あります。

今ある体の問題は、今起こった事ではありません。長い年月をかけて絡まってしまった紐を一つ一つ解きほぐし、必要のない癖や習慣に気づきながら、もっと楽に生活できるように導いていきます。

日本鍼灸は本当に痛くありません。辛い治療は一切なしでお子様でも大丈夫。
そしてその効果はとても大きく、様々な症状に対応します。
麹と一緒で、江戸時代にすさまじい発展をさせた、日本文化が作り上げた素晴らしい技なのです。それを次世代に繋げるべく、活動を続けていきます。
麹と共に。



The Centre for Japanese Acupuncture
http://centreforjapaneseacupuncture.ca/

連絡先は、私のメルアドまで! kojiflowershiori@gmail.com



Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.