日本語ブログ

U of Tのアカペラライブに行きました!

U of T のアカペラグループのライブに行ってきましたー!

U of Tのアカペラグループが有名な事は、こっちに移民してきてすぐの頃に知り!CDも出していて、CD買ったりライブを見に行ったりしていました。

小学生の頃からクワイヤー(合唱団)に入っていた次男にも、U of Tのアカペラグループとか入れれば良いねーって昔から親子で憧れてたし。またクワイヤーメンバーがよくU of Tの音楽の方に進んだりするような環境だったから・・・。

まあ、U of Tとはいえ学校のアカペラグループですから、年度によってレベルもまちまちなのは当然で。

結構真剣にクワイヤー(合唱団)で歌ってきた次男にとって、大学に入る年齢になって現実を知ったら、まあ色々と言いたくなる事もあるようですが(笑)

いずれにせよなんとなく「憧れてきた」UofTのアカペラグループ。

大学に入った2020年の9月は、めっさコロナ時代。

アカペラグループに入るのにオーディションもあるんだけど、大丈夫かなー、受かるかなーなんて言っている横で、9月からまともにキャンパスに入った事もないという状態。

オーディションに受かって、ボイパのポジションゲットした所で、全然活動もなく。

ほんと悲しいね、コロナ時代に青春時代を過ごした若者達はね。。



そんな中、

先日

ライブ開催のお知らせを頂き、

ちょっと複雑な気持ちのまま(笑)
(↑一体いつ練習してたんだ?
え、活動してたん?という気持ち)


でも、あれだけ昔憧れたグループに、

大学生になった息子が参加して、

それを見るために、

もうとうに私の背丈を追い越した息子達を連れて

電車に乗ってライブを見に行き、

一緒に電車で家に帰る。



と、いうその夜に、

感慨深さを感じました・・・。



昔は散々三兄弟連れて色々行ったよねー。
ベビーカーの時代も長かったよねー。


小さな子にこの良さなんてわかる方が難しい年齢だもん、

ふてくされたり行きたくない気持ちは十分わかってたのに、

「あんたも他の兄弟の大事な発表を見なさい」と、

あなたが発表する時にも、あなたが大事な試合をする時も、

絶対他の家族メンバー連れて応援に行くんだからと言い聞かせていた日々。


もう皆大きくなった今、

彼らの意思をそこまで押し付ける気持ちもなかったんだけど、

今回のライブに行くよ!と私が言うと

「はいはい、じゃ行きましょか」

という感じで、ほとんど抵抗する事なく

一緒に参加してくれた。



長男なんて、一度家に戻って着替えてきてくれたし。
(その分ちょっと遅刻したけど。。笑)


大事な場所に行くという気持ちが見えて、

母は嬉しかったです。

昔は義務のように一緒に居た家族メンバーだけど、

いつまでこうやって一緒に外出できるのか。


皆、自分の道に進んで離れ離れになる時が来るけど、

いつまでも仲良く外出できる家族でいたいなーと思った

夜でした。



Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.