online workshops, Upcoming Workshop, 日本語ブログ

今月は製麴の会です!

皆さんこんにちわ!チョット蒸し暑いトロントよりしおりです。 とはいえ現在の温度23度。蒸し暑いとか言ってたら怒られちゃいますね。さて、プライベートではなんと3人の息子たちのうち、2人が旦那と一緒に日本! という、人生初の「次男との2人くらし」という めちゃくちゃらくーーーな生活を満喫しております。 長いこと子供と一緒にワチャワチャしておりましたので、ふと気づくことなど沢山あり、なんだか毎日ウキウキワクワク状態で仕方ありません。 皆さんも忙しいときはその場を離れて一度自分を取り戻しては? ・・・・なんてアドバイスがこういう場合は合うのでしょうが、私はどちらかと言うと自分の過去でそんな事が出来なかったのであえてそんな事いいません。 ただ、今の状況って、絶対そのうち変わるから。今と一緒って、絶対にないから。今って、そのわちゃわちゃでぐちゃぐちゃの今って、今だからできるんだよって。だから今のその状態で、それでいいんだよって。大丈夫よ♪って それしか言えません〜。そう、皆公平に、年をとる(爆)さて、Koji Flower7月は、いよいよ米麹の製麴が始まります(ました)ぼちぼち始まっています。そこで、今日製麴の会にアップした内容を、こちらにもシェアしてみたいと思います。これからの変化に、自分で自分に頑張るぞと喝を入れるという意味も含めて…++++++ #2021July おはようございます。 ずーーーっと、今回の製麴の会をどのように進めているか 悩んでいます。 が。 ふと昨日思いついた方法にて・・・ 日にちを分けて、 ちょこっとづつ、 情報を提供していってみようかなーというもの。 忙しい皆さんでも、 ほんの一日数分だけでも目を通す、耳で聞く、文章を読む事により、そのうちなんとなく製麴出来る方法が頭に残っていけるような方法って良いかもしれない?!と、思いつきました。 Zoomレクチャーはするのですが、同じ説明を毎回するのではなく、今までとは違った使い方をしたいなと。 今までのZoomレクチャーまでの情報は、細かく分けることによって事前に学べるようにすると有効的かなと。Zoomで実際に会ってお話するというのは…一期一会、その時その場所に居た皆だからこそ学びあえ、シェアできるような時間にしたいなと思っています。 米麹製麴のビデオなんて、Youtubeで検索したら山のように出てくると思うんです。その中で、私が提供する会として、私らしい特徴を出してみたいなって、 思っています。 まずは動画を作ること。 今回初めて参加の方はびっくりするかもしれませんが、実は私はあまりビジュアルから入ることをあえてしなかったので、今までちゃんと製麴している所を見せてくることはしてこなかったのです。 それは、方法が一つではないから。見ると、そうしなくてはならないと思いこんでしまうから。 皆さんなりに、皆さんの周りを見渡して 想像力を使って取り組んでもらいたいという願いがありました。そして、ヒントしかない分、必死に答えを探そうと動き始める。そこに他の皆さんとのコミュニケーションが生まれる(お互い質問し合ったりする事)、この方法がとっても気に入っていました。 が、ここで少し方向性を変え、動画を加えながらどうやったら今1番新しい情報を与えることが出来るかと言うのを少し考えています。そして、この動画作成の重要さを、将来的な進め方としてやはり私にとって大きな大きなスキルになるのだろうなと思っています。セルフラーニングが可能な方法を、探っています。 まだまだビデオ作成は初心者なので多めに見てやってくださいね。今回、ビデオをお見せしながらそれを元にあーでもない、こーでもないとお話を進めていけるようなそんな感じになっていけばいいなーッて思っています。 とまあ、長くなってしまっては意味がないので、 今日はこの辺りで!しおりでした。++++++ Koji Flowerで開催中の米麹製麴の会、まだまだ今からでも参加可能です。ググっても、Youtubeを見ても、本を見ても、道具を買い揃えても、なんだかまだ自分では出来ない!という方もWelcome自分のやっている製麴が正解なのかどうかもわからない、もっと製麴に応用力をつけてみたい、もっと違う世界を見てみたい!そんな方は是非♪https://kojiflower.eeeagency.com/product/komekojinokai/お申し込みはこちらから!しおりでした。 Koji Flowerkojiflowershiori@gmail.comhttps://kojiflower.eeeagency.comhttps://www.facebook.com/kojiflower/https://www.instagram.com/kojiflowershiori/ The Centre for Japanese Acupuncturehttp://centreforjapaneseacupuncture.ca/

日本語ブログ

Koji Flower6月の様子・7月の予定

皆様こんばんわ。明日はカナダ・デーのお休み。如何お過ごしでしょうか。三男が日本に行き、色々と戸惑い真っ最中のしおりです。 今回の日本行きをきっかけに、三男を日本の高校に転校させようかと真剣に考えていました。結果、現在はまだどうなるかわからないのですが。行けないほうが大きいかなぁ。 もともと、6月下旬から夏休み中、三男一人で日本に遊びに行く予定は既に立てていたのですが、私としては、そのまま日本に滞在して高校行っちゃえば?!って思ったのです。本人、むっちゃくちゃやる気満々。このままだとここトロントでは、9月の新学期からも学校で授業を受ける子とオンラインで受ける子の選択が出来ます。そうなると、授業もオンラインに合わせて、 また十分なクオリティの授業じゃなくなってしまう事は確実。それならばいっそのこと、もう日本の高校にいっちゃえば?!その案が出てきた時に、 私、思いついてしまった。 もし、三男がこのまま日本の高校に通うことになったら、もし、そのまま高校を卒業して日本で就職したら、 私はもう、三男と一生一緒に暮らす事はないかもしれない。降って湧いてきたような「子育て終了」の予告。15年目にして、突如ですよ。ええええ!「時間のリミット」を頂いた瞬間(勝手にですが、笑) 今まで見えているようで見えていなかったものが見えてきた気がしました。何しろ問題を色々抱えている、三男。そこに可能な限り向き合おうと、仕事を削減して自分の時間に余裕を持たせたら、三男と一緒に笑い合って、一緒に作業して、一緒に考えて、一緒に出かけて。なんだ?!この楽しい毎日?!という瞬間が出てきました。3人男子という、どうしても忙しい子育て。それなりに一生懸命でも、どうしてもどっかに歪みが出てくるのは当然だとは思うんですけどね。3人いつも同じように、なんて不可能な話。三男も、上2人に押されて、そんなにじっくり向き合ってなかったのかなぁーーーって。 日本に行く日まで、口に出して「日本に行ったらママさみしー」を繰り返していたのですが。出発当日、空港で三男に最後にハグをしたときのあの感覚は、 たぶん一生忘れないでしょう。 「心ここにあらず」 すっかりその体の中は空っぽで、心がこれからの「冒険のような旅」(コロナだから色々大変)これからの日本への期待に夢中♪という感じでした(こうなる子には個人差があるでしょうがね) むしろ、そのくらいの方がしっかりと旅ができるだろうから、きっと良いこと。うんうん。母は、さみしーけどね。 そんなこんなで、三男が行ってしまった後。私はもっと落ち込むのかな?!と、チョット自分を心配していたのですが。今まで三男に主導権を渡していたキッチン作業と家の家事の権利を取り戻し、なんだかどんどん自分を取り戻していっている感覚。とにかく掃除、掃除、料理、料理。 家事って私にとってエネルギーチャージになってたんだなぁ。掃除も料理も自分でやりたかったのに・・・お任せしていたのって、やりたいことを押す殺すって、(そんな事考えたこともなかった。だってやってくれて嬉しいのが当然だしね)めちゃくちゃ自分には負担だったんだなぁって。自分らしく生きる?子供いて、実際やっぱりなかなかそうはいかないものね。 そんな感情がどっ!と出てきています。でもいいじゃないって思う。子供に邪魔される?!上等!そして・・・・ 最近かなり引きこもり率の高くなっていた次男がぴょこっと顔出してきて、会話する時間が増えました。ご飯も、美味しい美味しいって食べてくれる。今日のご飯は何ー?って鼻の下伸びてるし。(ご、ごめん、三男よ。。。笑)今まで三男と忙しかったからなぁ。やっぱりどっちかの相手したら、どっちかは待つ状態になるんだよなー。でもさ。それはそれできっと良いこと。順々巡りで、これもありなんだな。そんな6月でしたが、一応Koji Flowerも稼働していましたよ〜。6月は、- 年間・アドバンスの皆さんのプレゼン。- おうちクリニック「未病体」- そしてパンの会。- ひだまり夏のマーケットも開催されました!プレゼンって、これがまた毎回毎回、そのグループごとに貴重なドラマや友情が生まれるんだな。第1回目のプレゼンのテーマは「コロナと発酵」2回めは、英語でのプレゼンで「Amazake」3回目は糀の花でライブ配信しながらの「文字ワークス」本当は、本日4回目の「微生物と発酵がもたらすフリーエネルギー」が開催される予定だったのですが、実は延期になってしまいました。理由はプレゼンターの方がどうしても資料をまとめられない!って言うから。彼女、いつもはプレゼンファイルは4時間位かければ出来てたのに、今回は全然まとまらない。って言うんです。そりゃそうだ。あまりにも壮大すぎるテーマ(笑)「なんでこんなに時間掛かるんだろう」「思わず掘り下げてしまって、全然まとならない」うんうん、そうだと思います(笑)大きな、大事な、壮大な内容でしょうからねぇ。きっと調べている方はめっちゃ楽しい。でも絶対大変なはず・・・・プレゼンの日が、今から楽しみです。ちなみに7月もプレゼンはどんどこ続きます。皆さん、頑張って用意してくださいね。私が直接提供する講習会がなかっただけで、それなりに動いてた、6月のKoji Flowerでした。+++++7月はいよいよ米麹の製麴です!7月1日からグループにご招待し、個々で予習をしながら、1ヶ月の間に何度も製麴を試してもらいます。 道具が要らない製麹から、 これだけは揃えたい!という道具がわかるようになるまで。 いつもの講座とはまた雰囲気を変えて、真剣に取り組んでもらおうと思っています!さて、7月からは年間プログラムも後半に。後半は製麴をメインとして、出来上がりつつある麹製品の理解をもっと深めていきます。7月には米麹、8月は醤油麹、10月に麦製麴をして、11月に豆製麴! その間にまた醤油仕込んだり、麦味噌仕込んだり、豆味噌もね! 私にとっては、「子育ての時間のリミット」から一変「自分時間が持てるリミット」になった7月8月。(たぶん、三男帰ってくる・・8月下旬には!)後半も、張り切って参りましょう!2021年6月30日(水)しおりでした++++7月の米麹製麴の会へのお申込みは、こちらからどうぞhttps://kojiflower.eeeagency.com/product/onlineclasskojimaking/上記リンクは英語ですが、日本語でのコースです。このカートを使えばクレジットカードにてお支払い出来ます。↑お使いください。しかし、カナダ在住の方は手数料の取られないEtransferの方が便利だと思います。Etransfer 先は、shiori@eeeagency.com までどうぞ。

Workshop report, おうちクリニック, 日本語ブログ, 未分類

おうちクリニック2021年6月「未病」でした

本日曇り空のトロントより、こんにちわ。昨日、三男が日本へと発ち、ぽっけーとしているしおりです。 そんな中、しっかり昨晩おうちクリニック開催しましたよ! 今年6回目の会、2021年6月のテーマは「未病」 未病って聞いたことあります?かなり有名になってきたとは思うんですが。 え、そんなの聞いたこと無い!という方の為に。Wikiよりコピペ: 未病 伝統中国医学(中医)で「未病」と診断されるのは、検査で明らかな異常がなく、明らかな症状も無いが、少し調子の悪い状態で、病気になる前段階の、心身の微妙な変化を指している[6]。漢文訓読調でいえば「いまだやまいにあらざる」となる。「未病気」をキーワードにして、体の状態を分類してみると次のようになる。 状態 1 :恒常性が健全に保たれている状態・・・健康[6]状態 2 :恒常性が崩れかけている状態・・・未病[6]状態 3 :恒常性が崩れ、そのままでは元に戻らなくなっている状態・・・病気[6] これらの間にははっきりした境界はなく、連続的に移行している[6]。中国には昔から「上工治未病」(上工は未病を治す)という言葉がある。つまり良い医者というのは、発病してからではなく、未病の段階で異常を察知し対処するものだ、ということである ==ここまで== 要するに、病気には至っていないけど体調悪い状態。または、体調は悪くないけど、病院で検査すると引っかかる状態。 この未病。 たぶん心当たりある方、沢山いらっしゃるんじゃないでしょうか。 昨日のZoomでは、そんな未病の定義、どんな状態を未病というのか。 これからの高齢化社会。深刻な問題として、本当にもうすぐそこまで来ています。 確かにそうだよね。高齢化社会となり、ご年配の皆さん一人一人の病気を医師が担当していては確実に医療が崩壊する。医療費に掛かる費用も想像するだけで恐ろしいことに。 未病の治療はまだ病気になる前なので、生活習慣を変え、食生活を変え、運動をしてストレスを溜めない。そうすれば病気になる人数を減らすことが出来るようになる。当たり前のことを当たり前にすることが大事になってくる。病気になるまで待つのではなく、病気になる前にそのサインをキャッちして、自分で自分のケア(もしくは家族や近い人のケア)ができるようになること。 病気を治療する目的の、病院完結型医療の「Cure」から 地域包括医療の「Care」へさらにその先には地域包括未病ケアがある「参加型医療」この考え方も面白い。医食農同源病気の治療も日常の食事も、ともに生命を養い健康を保つために欠くことのできないもので、源は同じだという考え(医食同源)に、地産地消の食材等を育てる「農」を取り込んだ健康観。地元の野菜を食べ、地産地消の食材を育てる。ボランティア活動をして身体を動かし、人とコミュニケーションを取ることにより心の健康にも大いに役に立つ。同時にコミュニティの役に立つことができる。コミュニティーの為に働く事が、生命を養い健康を保つことに繋がり、巡りに巡って自分を守ることになる、という訳。「参加型医療」 素晴らしいじゃありませんか!これは、ご年配の方だけではなく、どんな年齢層にも当てはまる事ですね。こんな世の中が当たり前になることを、心の底より祈っています。 そんな、これからの社会を考えた「未病」のお話をした後は、 やっぱりここ。いつもの「おうちクリニック」的考え方に戻ります。で、皆さんの現在の健康はどうなんですかー??皆さんの、ご家族は?あなたの大切な人は? 未病がどのような状態か。免疫力が下がっている状態とはどんな感じか。「炎症」小さな火事が体の中で静かに起こっている状態。体の修復機能が、チョットだけ壊れている状態。では実際そんな時、それを修復するために、何が思いつくのか。何を放っておいてはいけないのか。 西洋医学では何もしれくれない事もあるかもしれないけど(検査で数字が出ない)ケアは確実に必要な事。まずはそこまで行かないように日常の中で出来ることが、山のようにあること。未病までに行ってしまっても、出来ることがやっぱり山のようにある事。そんなお話をさせていただきました。 おうちクリニック的にいつも導いていきたいのは、私達の健康を守るのは私達自身であるべきだということ。それを導き、手助けするのがおうちクリニックであり、必要であれば東洋的医療も西洋的医療も有効利用できるだけの選択方法を知っていること。私達の健康を守るために出来ること。麹文化もその中にすっぽりとハマっています。麹を通じて見える食生活、食文化。腸の健康を守る為に、免疫力の事を語るのに、発酵食品は欠かせない。こんな考え方を文化として育てていく。今回はおうちクリニックとしてそんなお話をしましたが、 来月の米麹製麴の会でも 話すトピックが違えどやっぱり同じようなことが出てきます。 米麹の作り方が解るようになると、見えてくるものがたくさん! 米麹の作り方をね、既に知っている人でも、ここからまた気づくこと、そこからまた見える世界が全然違ってくるんです。「参加型医療」の世界をもっと普及するために、麹を片手に語りたいことが、山のようにあります。是非、皆さんもご一緒しませんか?? === 7月のKojiFlowerでは、米麹製麹の会を開催します!初めてさんでもわかりやすいように少量で作ってみたり、既に作れる方にはもっと理論を深めながら更に応用力をつけてみたり。大量に作ってみるのもあり、違う目的の麹を作ってみるのもあり。グループの中に所属し、皆と一緒にわいわい会話しながら、1ヶ月一緒に活動しましょう〜。お申し込みはHPから出来ます。2021年5月25日(菌)しおりでした。

日本語ブログ

父の日の思い出

今日は父の日。 後1時間位で終わっちゃうので、父の日の今日、思い出したことを書いておこう。 私は結構、小さい頃から「ひがみっぽい」性格だったのかもしれない。 そう言われて育ってきたからそうなったのか。そう自分で思いこんできたのか。 もうこんなに年とったらその辺りはもう謎です。 なんとなく覚えているのは、よく親から言われた 「またしおりがひがんどる」後からきいた話だと、よそはよく、兄弟喧嘩をすると上を怒るけど、うちは下を怒るようにしてたの。・・という母からの衝撃な告白を聞きました。そ。それって・・・喧嘩の原因を探ることなく、頭ごなしに下のせいにしてたってこと??「下を怒るとね、上が悪いことしたなぁって思うかなって」ええええええええ そんな「下」の私。誰も解ってくれない、みたいな事を思っていたような幼少期だったような気がします。なんやかんやと目立つ兄に対して、私はそんなに目立つタイプでもなく。でも根暗でもないよ。 人を笑わせるのが好きだったし、明るい性格ではあったけどね。ええ、今とそんなに変わらない感じ。 ま、とにかくですね。中学最後の私の運動会と兄の運動会の日が重なったんです。当時兄は高専で生徒会長をしており・・・父がその運動会に行くのを当然のように優先して、 当時私が、中1〜中3全体で統括して取り組んだ、創作ダンスのダンスを作る中心グループの一人として活動した、その創作ダンスの披露される運動会には来ないこととなった事をですね、結構ひがんでいたんです。だって「兄の方は一生のうちこれが最後だし、そっちは行かなくてもいいよね?」って言われたから。(私の創作ダンスも一生のうち1回だけなんだけどね。。。)そんな事直接言ったわけ無いというのは覚えているけど、でも何か言ったんでしょうね、私。何を言ったか覚えていないけど、その後、「またしおりがひがむから」と、たぶん母だけ来たのかな?!そんな結末となりました。======= そんな話をですね、大人になってからまた父とする機会があったんです。父ががんで亡くなる、ちょっと前、だったかな。私は18歳で海外に出たし、当時の私には、昔の「ひがみ症」は既になくなっていました。私が海外に出て何年かした時、ふと母から聞いたんです。兄が、「お母さんはいつもしおりしおりって。。って言う」って言ってるのよ、って。それを聞いた時に、すーーっと何かが抜けた気がしたんです。あ、私はこれを求めていたんだって。私の事を考えてもらいたかったんだ。もう、これでいい。って。そんな私だったので、ただ単に、父と昔話を共有したくて、 その、父が亡くなるちょっと前に東京に遊びに来た時に、ふと、中学のその運動会の時の話をしたんです。特に何も思わず、ただ、「あれさー!あの思い出さ」って冗談ぽく。私だって最後だったのにさーって。あれじゃひがむよーー(笑)って感じだったハズ・・・だったんだけどね。 ポロッって、父の目から、涙が出てきたんです。私、びっくりして!「そんなつもり無かったんだけどなーーー。ごめんなーーーー」って。全てはそれで、心が洗われた気がしました。きっと、私は愛されていたんだって、認識することが出来たのでしょう。親は、子供がいくつになっても大事なのね。伝えた方下手くそでも。そんな表現出来なくても。そして子供は、いくつになっても親に褒めてもらいたいのね。どんなに年をとっても。不器用でも、どうして良いかわからなくても、やっぱり伝えないと駄目なんだよね。ってね。 そんな事を思い出した2021年の父の日。私も一杯、子供たちに伝えなくちゃ。愛をね、わかりやすく。出来れば何度も。「愛を貰った」その自信があれば、きっと子供たちはしっかり歩いていけるはず。そんな事を教えてくれた、私のおとうさん、ありがとう。そして、世界中のおとうさんたちへ、「ありがとう」

未分類

Koji Flower 年間プログラム・6月は課題月間!

夏の恒例、プレゼン月間!今年も開催します。まだ年間プログラムを開始して2年目ですが、これを毎年の恒例としていきたいと思います。 (去年のメンバーの発表の一部) 通常皆の反応は、「ええええーーー(文句)」グループで活動始めるとこれが妙に仲良くなり、その割に大抵、締め切りギリギリまで始めない(ぎゃははw) 予定日を横目になんとか自分の時間とやりくりしながら、でも、決まったテーマに興味がないわけではないので、調べていくうちにどんどんハマっていくというパターン。当初は10分ほどの持ち時間のはずが、調べたものを発表するのに30分以上は行けちゃいますね、という量になり、今度はどこを削るか?!どこも捨てがたいー!となる。 発表前のドキドキ。この年になってもまだこんな時間が来るとは(笑)オンラインのあちらこちらから声が飛び出し皆が励ましてくれて、 それで余計緊張する(爆) 終了後も皆からの「よかったよ〜!」って嬉しい喜びのシャワー。 いやーなんて素敵な仲間が集ったんだぁーーーー。って心がほっこりする瞬間です。 誰の為にプレゼンするの?誰のために調べるの?全部、自分の為なんですね。参加してやっと気づく、「やっぱりこういう事はやらないと駄目だね。やるとメチャクチャ勉強になる。」 皆、声を揃えて言うことだし、心の底から同意しているとは思うんだけど、でも翌年になるとやっぱりやりたくないとしっぽ巻いて逃げ出したたくなるんです。ご安心下さい。けつ叩き役、心を込めてお役目を果たさせて頂きます。とはいえ無理やりはやらせませんからご安心あれ。 やった数だけ自分の為になる。皆と繋がった後には、またちょっと自分の世界が広くなるはずです。皆さんのプレゼン、楽しみにしていますね♪今年はちょっと人数が多いので、4人1チームとし、グループでテーマを決めて、一人10分位の持ち時間で発表してもらいます。でも、一人でプレゼンしたい!というのももちろんあり。メンバー達は、私が動き出す前から既にざわざわ。。。どのような形でやってくるか、かなり構えている様子。既に3チームほど結成されていますが、この後あと続々とチームが決まる予定です。 グループワークはいつの時代も楽しいね。いや、大変!というのが目の前に降り掛かってくるかもしれないけど、 終了した後の爽快感!充実感。仲間との共有した時間。 さて、今年のテーマを考えましょう。他の皆のテーマも気になる!正直、グループ内だけの公開では、もったいないんです〜。年間プログラム、この課題が終了したら前半期が終了。後半期からは、いよいよ製麹が続きます!

Blog - English, workshops

BE-10 Bodaimoto Online – injured a finger!

Ops, I should post this to the 'page' not here as 'blog'!It already sent to the people who subscribe my post, so I won't delete this post.Please enjoy! ++++(If you have an injury on your hand) Good morning everyone! Today I’d like to talk about what to do if you have an injury on your… Continue reading BE-10 Bodaimoto Online – injured a finger!

おうちクリニック, 日本語ブログ

おうちクリニック、今週木曜日です。

1ヶ月がすぎるのが目まぐるしく早すぎて、やっと暖かくなってきたこの気候に戸惑っています。暖かくなっていいのか?!まだロックダウンだよ?!こ、心の準備が。。。なーんて、皆さんこんにちわ。良い天気にちゃんとウキウキしていますか??(いや私、戸惑っていますが)さて、今週木曜日におうちクリニックが控えているということで、もうそんな時になったか!と、ビビりながらも用意を始めています。 ++++++お申し込みはこちらからどうぞhttps://kojiflower.eeeagency.com/product/ouchiclinic/++++++ 今月のテーマは、「頭痛」 頭痛で悩まされている方、かなり多いと思います。うちの息子はよく、アタマをぽこっつと取り外し、中を水でジャーってあらってスッキリさせて、また体に戻したいって言っていました(笑)ガンガンしたりモワモワしたり、吐き気までしてきたり、もー大変。薬飲んでももう効かなくなっちゃた、という方、少なくはありません。怖いですね怖いですね。 でも、そんな怖い頭痛をそのままにしている人も 少なくないはず。頭痛になったときにどうする?ただひたすらじっと丸くなって過ぎさるのを待つ 「痛くなる前に薬飲むの」↑これ、本当に多いです! から脱出するために。 痛みが過ぎ去るのを待つ事しか出来ないその視野を、どーんと広げていきましょう。どんな状況で頭痛が出てくるか。 何が原因で出てくるのか。 じゃあ、どうしたら良いのか。 薬や病院に頼るタイミング、 どこまで自分で頑張れるか。 自分でできるケアは、どこまで有効的なのか。 それが効かないとしたら、それはどういう事なのか。 「そうそう、たまーに軽い頭痛あるんだよね」 それは危険なサインかもしれない?!たまにだからって無視してて大丈夫ですか?!おうちクリニック的目線から、 こうやってみよう、ああやってみよう。毎月そんなトレーニングをしていると、ふと今までお話した事が繋がってくるはずです。いや、繋がってくることを祈っています。そして頭痛が無い時にこそ!知っておくことであると、私は信じています。お申し込みはこちらからどうぞhttps://kojiflower.eeeagency.com/product/ouchiclinic/++++++ これまでのおうちクリニックでのZoomの感想をご紹介: 食事療法:2021年5月15日、はじめてはいけんしました。偉い統括的な広くて深い内容だね。知識の網羅から、経験談、で、これしかみえない状態になる事への警鐘、個体差への理解。で、まとめが楽しく美味しく。私のまわりも鬱たくさんいますけど、腸、食べ物の影響も多いなと思っても、同居家族でないとなかなか食べ物に変化をすすめていくっていうのも難しいですが、美味しく楽しく食べられてるってとこからもっと会話量増やしていけたらいいな、と思いました。ありがとう。腸:レクチャーありがとうございました何か症状が出たり、不調が出た時、「外側と内側と、全体のバランス」ってまず唱えようと思います不調の原因がハッキリ分かっているけどどうしてもその原因への直接的な改善策が取れないときに、じゃあそのせいで心が病まないように心のケアをするとか、しおりさんが言ってたみたいに「受け入れてみる」とか、ちょっと違う観点からアプローチしていくことができるし、そういう風にバランスを取っていこうって思いました分かっているようでわかってないというか、結局症状が出るとそこにフォーカスしちゃうから、まず出来るところからバランスをとりながら、全体でケアしていくってことを心がけていきます +++++年間メンバーはこの後に、グループページ内にでディスカッションもしています。心とからだの使い方、食事と生活スタイルは切っても切り離せません。麹を使ってどんな有効的な生活スタイルが可能か、どんな心とからだの使い方が有効になってくるか。実際にやってみて応用してみる、みんなの様子が見れる、みんなの意見が聞ける、私もやらなきゃ!って背中を押される。励まされる。年間メンバーだと、素敵なメンバーと一緒にそんなことが可能です。+++++ Koji Flowerでは、6月は米麹作ります!おうちクリニックの6月テーマは、「未病体」 米麹、これを機に作ってみたい!という方。もう一度基礎から学んでみたい!という方。もう知っているけど、もっと応用出来るスキルをつけたい!という方。 Koji Flowerのスケージュールは、年間スケジュールで決められているので1年に一度の会です。米麹がつくれるようになればその後麦麹、豆麹、醤油麹とすぐに世界は広がります。 是非この機会をお見逃しなく!

おうちクリニック, 日本語ブログ

たまにはこんな独り言も(おうちクリニック)

気まぐれ更新中。++++先日の患者さん。 ティーンばりばりの男の子。 背だけはたけのこみたいに伸びているんだけど中身はめっちゃ子供でかわいい。 痛みが大分和らいで昼間の痛みはなくなった。でも、今日は朝から痛くて今まだ痛い。あれ?良くなったの?悪くなったの? 全体的に良くなっているんだけど、 何故か今日は朝から痛くて今もずっと痛いらしい。 私「理由なく?」 彼「理由なく」私「今週どうだったー?  前回の治療から(先週)何か変わったことあった? 彼「何かって?」私「ほら、突然頭痛くなったりしたーとか、  お腹壊して下痢したーとか。 何か特別な事あったーとか。そしたらティーンボーイ、アタマをむくーーーっと上げてきて、「How did you know that?!」「How did you know that?!」ボーゼンとしている。いやあ、わかりやすい(爆 何度も何度も聞いてきて。いや知らんがな。私が知るわけないだろが。一昨日、とても「悲しいこと」が起きたそうです。ほらあったじゃん、原因。(にこり)(悲しみは、肺なんですよー)純粋ティーンボーイはきっと、私の事を魔法使いだと思っていることでしょう(爆) 全く痛くない治療で、あまり感じることなくあなた何しているの?みたいな治療なのに。少しずつ痛みも良くなっているようだから余計に(爆)今日の痛みもほぼ和らいで帰ったから余計に(ぎゃははwなんかいっつも、グキッとすること言うし。てか。人の体は心と繋がっているので、いつもと違う何かがポッと現れたら、そりゃ何かあるだろうと想像するのが普通でしょう。なんにも特別なことはしていない。 これって別に私が鍼灸師だからとかあなただから出来るんでしょとかいう話しではまったくなく!++++++その人の事をずっと見ていれば、何か特別な変化が起きた時に、もしかしてこれかなー?こういう風に考えているんじゃないかなーこの子はこういう傾向にあるよなーって、見えてくると思うんです。母は毎日自動的にしている行動なはず。 いや、これは治療する時にそこまで患者さん見ているから解るんだよって話ではなく。近い人って、その人の事をずっと見ているよね?って話。 この世の皆、みんなマジシャンになれるんだよって話。母は全員マジシャン。妻は全員マジシャン。兄弟にでも、親戚にでも、友達にでも、恋人にでも。身近な人に対してなら誰でも。その人だけに魔法をかける、マジシャンかも。 誰か大切な、守るべき人がまだいないなら、それはまだ魔法をかけてもらう方にいなくちゃいけないからかも知れないね。それを過ぎたら、皆マジシャンになる。与える方になる。なのに、マジシャン。当然にあるそれを、見ていない。それって当然と思っているのか??気づくことも出来ない。自分が忙しすぎて、それどころじゃない。サイン出してたとしても、「ホントこの人わからない」とか、自分から読みにいこう、感じようとしていないそんな事、ないー? 体の体調が崩れたときが、一番自分の声を聞く練習が出来る時。そして、身近な人が体調を崩した時、この人こういう事なのかなぁーって、第三者的に体の声を聞く練習が出来る時。 毎日の生活に意識を向けて、毎日の小さな事に目を向けて、マジシャンパワーをもっとつけていきたい。 それは生活の中の小さな事から出来るトレーニング。食から、生活習慣から、心の使い方から、体の使い方から。毎日繰り返す、小さな事からその練習をしていきたい。いや、それはもう特別な練習ではなく、「生活の一部」それがおうちクリニックでやりたいことなんです。そしてそれを、麹を作りながらだと、体感してもらいやすいんです。つぶやき続けて、そのうちこれをもっとちゃんとした形にしていきます。

Blog - English, Upcoming Workshop, Workshop report, 日本語ブログ, 未分類

参加者の声・Voice from Yearly Member

(English below)年間メンバーに、この3月から入ってきてくださった方の感想です。1月からスタートだった年間スケジュールですが、すでに何度も白味噌は作ったことがあったし、簡単どぶろくもすぐに出来るし・・と、一気に飛ばして全部追いついてもらった1ヶ月だったのもあり、プラス3月4月はイベント続きて相当大変だったでしょう。でも、それを超えてこのような感想が頂けたこと、嬉しく思います。今月は菩提酛を丁寧に、来月は米麹を作る会、その後年末までゆっくりじっくり取り組んでもらいたいと思います。+++入会して1か月、怒涛のようにあっという間に過ぎた、というのが正直な感想です。 最初はみりん仕込みがきっかけで参加させていただき、結局年間メンバーとして麹について1年勉強することにしました。 良かったことは麹や各調味料の作り方をただ教わるのではなく、その歴史や成り立ち、地域による違いなどそれにまつわる様々な知識を興味深く学ぶことが出来るところです。 麹だけでなく、食育や東洋医学を基礎としたおうちでのケアなど、毎月2,3回、色々なトピックで講習があり、多岐にわたって学ぶ機会があるのも楽しいです。スケジュールが重なる場合は毎週?数日おきに連続ということもあり当初は面食らいましたが(笑)一緒に学ぶメンバー達も経験豊富な方々から様々な分野に造詣の深い方など、チャットでのやり取りも活発でほう!へえ~!と、毎日、目から鱗の情報が飛び交うのも新鮮です。 オンライン講習後の実習は個人作業になるものの、疑問点や相談はしおりさんがすぐに対応してくださり一緒に考え適切な助言をくれますし、チャットグループでの共有・アドバイス体制も万全で安心しています。 しおりさんのスタイルで一番印象的なことは、麹の声に耳を澄ます・仕込んだ調味料と会話をするつもりで向き合うことをいつもリマインドされていることです。 問題に直面した時に解決策や答えを教えることは簡単ですが、住む地域や環境も様々な中麹の変容の仕方もそれぞれであること、一人ひとりの置かれた状況の中で起きている事象をそれぞれが考え、答えを見つけ出せるようなフォローが素晴らしいなといつも思います。  目の前の麹と対話し、尊重し、どうしてほしいか相手を思って想像する。これって人間関係と同じだなと思いますし、麹は生き物だということを日々の活動を通し改めて実感しています。 仕込んだみりんや醤油を毎日眺め手をかけながら、Koji Lifeを楽しんでいます。 ++++Koji Flower -The Koji Academy- 5月の菩提酛、現在開催中。日本語と英語が飛び交いながら、皆で真剣に取り組み中。おうちクリニックは5月20日。頭痛についてのお話を予定しています。6月はいよいよ。。。米麹の製麴やります〜!米麹の製麴だけでもクラス取ってみたい方、是非お問い合わせ下さいね。kojiflowershiori@gmail.comしおりでした。 +++++ Here is a voice from a new member who joined us this March.The Yearly program has been started in January, but she has already made white miso many times before, and making doburoku is quite quick and easy,… Continue reading 参加者の声・Voice from Yearly Member